別荘購入後の楽しみ方と知っていて損はない課税の知識!


別荘取得の課税は1度だけ!

慎重に選んだ別荘を売買や贈与などで取得すれば不動産取得税が課されます。これは新築や増設したときも一緒で土地と建物に課せられる税額は、固定資産税評価額に4パーセントかけたものになります。不動産取得税は取得したときの1回納付です。なお2021年3月31日までで別荘の土地部分は、宅地に該当することから課税標準が2分の1となっています。課税に対しての納期は都道府県で変わります。別荘購入時に必要な登録免許税は不動産取得税と一緒でまとまったお金が必要です。所有権保存登記や移転登記のときにかかってきます。登録免許税の税額は固定資産税評価額に贈与や売買、相続などで変わる各税率をかけたものです。そして消費税は別荘の建物部分に課税されますが土地の部分は非課税となっています。

広くても狭くても楽しい別荘地!

購入した土地がとても広くそこに別荘を建てた場合、楽しみ方の1つとして取り組んでみたいのは家庭菜園作りです。実が熟成するまで何年かかかる果樹を育ててみるのも楽しみ方の1つです。また土地の広さを利用して高い柵を作り、普段住んでいる町の中では実現不可能なペットの放し飼いと言う楽しみ方もあります。
逆に狭い土地に別荘を建てたときの楽しみ方も色々あります。瞑想や昼寝、読書などを楽しむために別荘のテラスに出てみたり、外の自然音がよく聞こえて来るように窓は開けた状態にして準備します。他のリラックス方法は疲弊した心を癒すために森の中の遊歩道を歩いてみます。そして敷地内や公園、河原などを利用して自然音を聞きながらバーベキューを楽しみます。

八ヶ岳の別荘は、東京や神奈川といった大都市圏からのアクセスが良いのが特徴です。この近辺では、ゴルフ場やスキー場でレジャーを楽しむ事が出来ます。